ABO式血液型

ABO式血液型検査ができる通販キット

血液型と聞くと、ほとんどの人は、A、B、O、ABという4つのカテゴリーを浮かべると思います。
でも、血液型にはそれ以外にRh血液型というものがあります。
最初の4つのカテゴリーは、ABO式血液型と呼ばれ、
1900年オーストラリア人のカール・ランドシュタイナー氏が発見したもので、
最初の血液型分類法になります。そして、赤血球による分類をしています。

 

一方Rh式血液型は、1940年に同じくカール・ランドシュタイナー氏が、
人間の赤血球とアカゲザルの赤血球に
共通の血液型抗原があることを発見したことで定義付けられたもの。

 

アカゲザルの 「Rhesus」 から、その頭文字をとってRh因子と名づけたようです。
この抗原があるものが陽性(+)、ない場合は陰性(−)です。
日本人は抗原があるので、Rh(+)がほとんどで、Rh(−)は非常に少数です。
そうなると、組合せ8種類しかないのでしょうか?

 

一般的に知られているのはこの8種類ですが、
血液型の分類法には300種類とも500種類ともあると言われています。
それらをすべて用いて分類すると、同じ血液型を持つ人間は一人も存在しないことになってしまいます。
血液型をABO式のように4つ程度で分けている利点は、
まずは覚えやすいので、ほとんどの日本人が自分の血液型を知っているということ。

 

血液型占いなどで話題が盛り上がったり、何となく性格判断もしたりしますよね。
同時に、大病や怪我などをした時に、病院での対処がスムーズになります。
もし、まだ自分の血液型が不明な方は、血液型検査キットでカンタンに調べることができます。

 

痛くない血液型検査キットの購入はこちら